思い出を引き継ぐあみぐるみ

思い出を引き継ぐ

 

 

思い出を引き継ぐあみぐるみ

多くのハンドメイドの中でも、

毛糸をひと目ひと目編んでつくるあみぐるみは、

とくに愛情がいっぱい詰まっていると私は思っています。

 

子どものころ、

お母さんに編んでもらった思い出のセーター、
初めて編んだマフラー、

好きな人にプレゼントしようと編んだけど結局渡せなかったマフラーなどなど。

(↑いい思い出ですww)

どうしても捨てられない編み物は、
それをほどいてあみぐるみに作り直せば
思い出を引き継ぐことができます。

 

 

マフラーやセーターをあみぐるみに!

私は学生のころによくマフラーを編んでいました。

自分のためだったり、誰かへのプレゼントだったり((´∀`*))

 

手の込んだ模様にするとマフラーも結構時間がかかりますよね。

そんな時間をかけてやっと完成したマフラーですから、

いまだに捨てられずにずっと持っていました。

まったく使っていないのに…。


そんな思い出がたくさんつまったマフラー、

捨てられないなら、ほどいてあみぐるみにしてみましょう。

 

マフラー1本分なら結構大きなあみぐるみを作ることができますよ。

例えば、黒いマフラーなら黒猫のあみぐるみにしてみるとか。

もともと愛着のあったものですから、

あみぐるみに生まれ変わればさらに愛着がわいて大切にしますよね。

 

カラフルな毛糸と組み合わせてみたり生まれ変わらせるのも自由自在、

きっと楽しい作業になると思います。

 

家に眠っている思い出のマフラーやセーターがあったら、

ぜひ生まれ変わらせてみてくださいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事