あみぐるみ制作に必要な最低限の道具

あみぐるみ制作に必要な最低限の道具♪

 

 

あみぐるみって何を使ってつくるの?

あみぐるみを作るために必要なもの…

って毛糸とかぎ針だなんてすぐに想像がつきますよね。

 

そのほかに必要なものは、というと?

 

 

あみぐるみをつくるために必要な最低限の道具

それは、

●毛糸

●かぎ針

●綿

●とじ針

です!

 

試しに細編みを編んでみるだけなら毛糸とかぎ針だけで大丈夫ですが、

あみぐるみとして立体にしたいなと思ったら、綿ととじ針もそろえましょう。

 

毛糸の太さ(極細、中細、並太、極太、超極太などに)に合わせて、

かぎ針の太さも変わりますので、5号針、6号針、7号針、と種類があると便利です。

 

あみぐるみの中には何が入っているんですか?とよく聞かれます。

想像がつかない方もいらっしゃるようなんですが、

普通に手芸店で販売されている綿を使います

 

また、最後は糸の始末をしなければいけません。

そのときに必要なものが「とじ針」です。

 

ひとまずこれだけあれば、丸いものをつくることができますよ。

丸い編みパーツがつくれたら、いろんなあみぐるみがつくれるようになります。

 

まずはこれらを揃えてくださいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事