あみぐるみの中には何が入っているの?

あみぐるみの中に入っているもの

 

よくあみぐるみを手にした人に言われます。

「あみぐるみの中には何が入っているんですか?」と。

 

毛糸で編んだものがどうしてこんなに丸くなるのか、どうしてこんなにかたくなるのか、不思議なんだそうです。

 

はい、お答えします。あみぐるみの中には『綿』が入っています((´∀`))

 

これですね↓

 

 

 

別にヘンなものは入っていないんですよ。

ぬいぐるみと同じ『綿』なんですね。

その『綿』にも種類があります。

 

 

綿の種類

●クッションに最適な四角いカタチをしたものや、

●テディベアに最適な柔らかくてふわふわした綿、

●綿を詰めてしばらくするとふくらむ綿、

●発泡ビーズやそば殻などなど。

 

 

あみぐるみの場合は、しっかりとカタチを整えたいので、

「綿を詰めてしばらくするとふくらむ綿」

「ポリエステル100%」

がちょうどいいかと思います。

(場合によりますが)

 

 

綿は思ったよりたくさん入ります((´∀`))
奥に左右にぎゅーぎゅーに詰め込んでくださいね。

 

 

 

↓『あみぐるみに上手に綿を入れる方法』についてはこちらをご覧ください。

 

あみぐるみに上手に綿を入れる方法

 

 

空いた時間でプチ収入 オリジナルのあみぐるみをつくって 月5万円が得られるようになるはじめてのあみぐるみメール教室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事