栗のあみぐるみ『栗リン♪』のつくり方

栗リン♪

 

 

栗リン♪をつくってみましょう

秋ですね~、秋と言えば「栗」!!!ですよねo(*>▽<*)o

 

私のあみぐるみのひとつに『栗リン♪』というものがいます!

栗のカタチをしていて、中に鈴が入ったあみぐるみ。

太い眉が特徴です~。

ハンドメイドのイベントなどで人気があるんですよ♪

 

この鈴の入った栗のあみぐるみ『栗リン♪』のつくり方をお教えしますね!

 

ではまずは材料をご用意ください。

 

 

『栗リン♪』の材料

 

栗リンの材料

 

●こげ茶の並太の毛糸

●クリーム色の並太の毛糸

●顔に使うクリーム色のフェルト

●眉、目、口に使うフェルト

●顔や鼻をつけるための刺繍糸

●眉、目、口をつけるための手芸用ボンド

●詰め綿

●そして大事な「プラスチック鈴」

●もっとも大切な「かぎ針」今回は6号で♪

 

これだけ揃えてくださいね(゚∀゚)

 

プラスチック鈴

 

これがプラスチック鈴です。

プラスチックの中に鈴があるのであみぐるみの中に入れても

ちゃんとカランカランと音が鳴ります。

 

また今回使用している毛糸はパピーのクイーンアニーです。

色がきれいで編みやすいので私がよく使う毛糸です。

 

あ。毛糸はなんでもいいですよ。

おすすめというだけなのでヽ(*゚∀゚*)ノ

 

材料がそろったら、実際に編んでいきましょう♪

 

 

実際に『栗リン♪』を編んで行きましょう

 

まずは6目の「つくり目」からスタートです!

ここが1段目となります。

 

【1段目:6目】

輪から作る作り目で6目編みます。

 

つくり目は覚えてますか?

忘れてしまった人はこちらを参考にしてくださいね!

 

 

 

次は2段目です。

今回は2段目も6目です。

増やし目減らし目なしで編んでください。

 

【2段目:6目】

増やし目減らし目なしで、そのまま6目編みます。

 

【3段目:9目】

1目細編み、2目めに1目増やし目を繰り返し、9目とします。

 

1目めは細編みを1回、2目めは細編みを2回入れるということです。

 

これでとがった頭をつくります。

 

【4段目:12目】

2目細編み、3目めに1目増やし目を繰り返し、12目とします。

 

【5段目:18目】

1目細編み、2目めに1目増やし目を繰り返し、18目とします。

 

【6段目:24目】

2目細編み、3目めに1目増やし目を繰り返し、24目とします。

 

 

栗リン♪

↑6段目まで編んだところ

 

ちょっと栗っぽくなってきましたね。

 

 

ここがポイントです(ノ∀`)

6の倍数で増やしていくときれいに広がっていくのですが、

今回は頭をとがらせたいので最初に増やし目なしで2段、6目編みました。

次も3目だけ増やして9目に。

次も3目だけ増やして12目に。

 

 

7段目以降に進んで行きます

 

【7段目:30目】

3目細編み、4目めに1目増やし目を繰り返し30目とします。

 

【8段目:36目】

4目細編み、5目めに1目増やし目を繰り返し36目とします。

 

【9段目:42目】

5目細編み、6目めに1目増やし目を繰り返し42目とします。

 

【10段目:42目】

増やし目減らし目なし。

 

【11段目:42目】

増やし目減らし目なし。

 

【12段目:42目】

増やし目減らし目なし。

 

【13段目:42目】

増やし目減らし目なし。

 

 

栗リン♪

↑13段目までできたろころです。

 

10段目から13段目までは増やし目も減らし目もありません。

数えなくていいので楽ですね!

 

 

色を変える

14段目からは色を変えていきますね!

色を変えるコツは覚えていますか?

 

色を変えるタイミングは1つの段が終わるときです。

段が終わる前の「細編み」時から、変えたい色の毛糸で編み始めます。

 

↓こちらを参考にしてくださいね!

毛色の変え方1

 

色の変え方1

このまま続けます。

 

色の変え方1

最後の目なので、いつもどおり引き抜き編みからの

くさり編みを編みましょう♪

これで色が変わりました(ノ∀`)

 

となります。

ではこれをふまえて。

 

【14段目:36目】

ここでこげ茶色からクリーム色へ糸を変えます。

そして減らし目

5目細編み、6目めに1目減らし目を繰り返し36目とします。

 

【15段目:30目】

4目細編み、5目めに1目減らし目を繰り返し30目とします。

 

【16段目:24目】

3目細編み、4目めに1目減らし目を繰り返し24目とします。

 

ここで綿と鈴を入れましょう。

 

栗リン♪

 

鈴のまわりにもしっかりと綿をいれてくださいね。

 

【17段目:18目】

2目細編み、3目めに1目減らし目を繰り返し18目とします。

 

【18段目:12目】

1目細編み、2目めに1目減らし目を繰り返し12目とします。

足りない綿はここでしっかりと詰めてくださいね!

 

【19段目:6目】

全ての目に減らし目を繰り返し6目とします。

 

栗リン♪

 

 

栗のカタチができました!これで編む部分は終わりです!

糸の始末もしてくださいね。

 

 

顔をつくる

 

顔はフェルトを縫ってつくります。

クリーム系、ベージュ系のフェルトを栗型にカットします。

カットしたフェルトにまず鼻を縫いつけましょう。

 

好みの色の刺繍糸を4本から6本どりで縦に2本ラインを入れます。

裏で玉留めしてくださいね。

 

栗リン♪

 

 

次に鼻をつけたフェルトを栗型のあみぐるみに縫いつけていきます。

ここは刺繍糸2本どりでOKです。

 

栗リン♪

 

ぐるっと一周したら終わり。

玉止めはあみぐるみの中に隠してくださいね。

 

栗リン♪

 

あと少しで完成です!

 

 

眉・目・口

お好きな色のフェルトを眉・目・口のサイズにカットしてください。

 

丸くフェルトを切るコツははさみではなくフェルトを動かすことです。

 

切れましたか?

↓こんな感じですね(*^-^*)

 

毛色の変え方1

 

ではそれらを手芸用ボンドでくっつけていきます。

 

うまくくっつけるコツは先に顔側にボンドをつけることです。

目や口のパーツが小さいので、その方がつけやすいですよ。

 

色の変え方1

 

ボンドがはみ出してもOKです♪

 

手芸用ボンドは乾くと透明になるので、ちょっとつけ過ぎた!と思っても大丈夫ですよ。

これでボンドが乾けば完成です!

 

 

注意すること

ひとつ注意点があります!

もし、小さなお子さまのためにつくろうとされたのなら

眉・目・口はボンドではなく、糸で縫い付けてください。

 

小さいところなので少し面倒ですが、

お子さまが口に入れてしまったときの安全のためです。

 

 

 

栗リン♪いかがだったでしょうか?簡単でしたね!

 

頭に「丸カン」と「ストラップ」を取り付ければ、

カバンなどにぶら下げることもできますね!

歩くたびにカランカランうるさいですけどヽ(o´∀`o)ノ

 

 

つくってみたらぜひこちらまでご感想をくださいね!

楽しみにしています。

 

 

空いた時間でプチ収入 オリジナルのあみぐるみをつくって 月5万円が得られるようになるはじめてのあみぐるみメール教室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事