あみぐるみはとってもシンプルで不思議なもの

あみぐるみ

 

 

あみぐるみはとってもシンプルで不思議なものだなあって、常々思うのです。

それは、ほぼ『細編み』だけで作ることができるから、なんです。

 

 

細編みを増やしたり減らしたり

細編みをいかに増やし、いかに減らすか、

たったこれだけのことで、あらゆる形のあみぐるみをつくることができるんですよ(ノ∀`)

 

すごくシンプルなんですよね。

 

 

私は今までたくさんのあみぐるみを作ってきました。

自分で考えたデザインのあみぐるみはもちろん、

たくさんのオーダーメイドにも応えてきました。

 

デザインはすべてバラバラだし、大きさも複雑さも全部バラバラなのに、

ずっと細編みの増減という同じ編み方でつくっているんです。

しかも、その目数がだいたい同じだったりするからすごいのです。

 

以前にも書きましたが、あみぐるみの基本は6の倍数。

なので、いつも「6・12・18・24・30・・・・・」と

6の倍数を数えながら編んでいきます。

 

子どものころに編んでいたあみぐるみも、

今編んでいるあみぐるみも、

いつも「6・12・18・24・30・・・・・」と

数えながら編んでいるんです。

いつになってもたいてい編み方が同じって不思議ですよね。

 

そして今回もまた「6・12・18・24・30・・・・・」だなー

そう思っていつも編んでいますよ((´∀`))

 

 

細編みの増減にプラスして、

●どんな種類の毛糸を選ぶか、
●どんな色の毛糸を選ぶか、
●何本取りで編むのか、
●何号のかぎ針を使うのか、
それだけで無限のあみぐるみが生まれるのです。

もうひとついうと、人それぞれの毛糸を引っ張っぱる手の力加減なんかでも変わってきます。

 

『細編み』ができれば、あなにもあみぐるみが作れるってことなんです。

あなただけのあみぐるみをつくってみてくださいね!

 

空いた時間でプチ収入 オリジナルのあみぐるみをつくって 月5万円が得られるようになるはじめてのあみぐるみメール教室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事